« 引っ越してきました | トップページ | 増元照明さんはここと思えば又あちら »

2006年5月 7日 (日)

蓮池薫さんはもっと事実を語るべし

きょうから心機一転。新居でがんばるから、、よろしく~。

昨日、駅からの帰り道に本屋さんによって、「諸君」と「正論」を買っちゃった。

「諸君」はタイトルに借用した特定調査会会長荒木和博さんの書いた「蓮池薫さんはもっと真実を語るべし」を読むため。「正論」は読みたいのがいっぱい。元北朝鮮工作員安明進さんと米陸軍特殊部隊元曹長三島瑞穂さんの座談会や、西岡力さん、萩原遼さん、三浦小太郎さんの著作が目白押しだよ。

今日は荒木さんの「蓮池薫さんは・・・」を紹介するね。

山本美保さんのことや、復活した金正日の義弟張成沢、青瓦台襲撃未遂事件、北朝鮮向け短波放送「潮風」のことなど内容は一杯あって、蓮池薫さんのことはその中の一部だよ。

>「蓮池薫さんはもっと真実を語るべし」(文芸春秋・諸君6月号から)

>積極的に事実を!

>私はこれまで様々な場で帰国者五人が体験してきたことをもっと積極的に語るべきだと言ってきた。おかげで当人たちには相当煙たがられているようだが、韓国経由の情報の後を追うように、帰国者からの情報が出てくると、正直なところ私には不信が募るばかりである。

>五人が帰国した当時、出した情報はほとんどがめぐみさんのことばかりだった。それらはどうみても、御両親を平壌に呼び出すための情報としか思えないもので、おそらく、北朝鮮当局から出国時に話していいこと。話さなければならないこと、話してはいけないことを厳格に申し渡されたきたのだろう。北朝鮮側もキム・ヘギョンさんを表に出して盛んに揺さぶりをかけていた。しかしこの当時、蓮池さんはめぐみさんの夫が韓国人拉致被害者だとは言っておらず、北朝鮮の人間だと言っていたのである。

>同じところで生活していたと言ってるのだし(それ自体が事実でないのならともかく)、同じ拉致被害者の境遇なのだから、いくらなんでも目の前にいる人間が普通の北朝鮮の人間なのか、あるいは自分の意思に反して連れて来られたのか気付いていないはずはないであろう。あらためて彼ら帰国者、特に蓮池薫さんにはマスコミを通してであれ何であれ、もっと積極的に事実を語ってもらいたいと思う。

>また、北朝鮮にいた当時はめぐみさんの夫の本名や拉致された状況を知らなかったとしても、韓国人拉致被害者であると知っていたなら、帰国後にそれが誰であるか調べる術はいくらでもあったはずだ。そして明らかになったのなら、本来秘密裏にでも、帰国後政府の協力を得て韓国で待つご家族に伝えるべきだったと思う。

(省略)

>(金英男さんの)お母さんの崔桂月さんは蓮池さんが拉致されてから五日後に失踪したわが子を探して今日まで二十八年にわたり苦しんできているのだ。少なくとも北朝鮮での状況を直接知らせる努力はすべきではないか。

>薫さんの失踪後、お母さんのハツイさんがどれだけ苦しんだか考えれば、今からでもぜひ崔さんにも肉声で息子さんのことを伝えてもらいたいものだ。特に韓国の場合、拉致被害者やその家族はスパイ扱いされ、二重の苦しみを受けてきたのである。ご自分のお子さんたちまで取り返せたのだから、たとえ私たちが知り得ない様々な障害があるとはいっても、していただかなければならないことだと思う。それはまだ帰国していない日本人拉致被害者のためにも言えることであろう。

もう話してくれてもいいとわたしも思うよ。蓮池さんたちが北朝鮮で出会った拉致被害者全員のことを話してくれれば、無事を知ったご家族は喜ぶし、拉致問題は解決済みといってる北朝鮮に、「まだいるじゃないか、出せ!」 て言えるものね。あと、どこかで見た顔はいないかと、特定失踪者の写真を全部見てほしいな。

コピペじゃなくて書き写しだから肩凝っちゃった。誰か、マッサージして!

反映されるまで時間がかかるけど、コメント、トラックバックお願いね。

|

« 引っ越してきました | トップページ | 増元照明さんはここと思えば又あちら »

コメント

以前『【拉致】日本はみすてない…。』ポスターでTBいただきました、特定失踪者家族の高野美幸です。ブログ引っ越しされたみたいなので、こちらでコメントさせていただきます。
TB頂いたページで、「美幸さんて、偉いよ。わたしだったら怒り核爆発で、ブッ切れて、また食べ過ぎてしまうのだけど、必死に抑えてる。」のくだりで、笑ってしまいました。
会った事のある方はご存知でしょうが、KONAは62キロから90キロと風船のように変わる本格派肥満です。
第一回小泉訪朝の前の7月頃は62キロと記憶していますが、小学校卒業ですでに63キロありましたから…。
先日、恐る恐る体重計に乗ったら、90キロ弱でした。
調査会のメーデー出展の写真で、その丸さを確認下さい。
昨年九月、一ヶ月だけ振られてショックで食べられなくなった(そんな事は生まれて初めて)のが、かえってリバウンドの手助けになってしっまたのか、この四年間かけてリバウンド以上のジワジワストレス。麗さんなら笑って理解頂けますよね?
健康と心配下さる身内の為に、そろそろ怒りの方向をダイエットに向けないと、いけませんかね…。

投稿: KONA | 2006年5月 8日 (月) 10時03分

KONAさん、こんばんは。
メーデーの写真見てきたけど、90キロ弱になんて、ぜんぜん見えないよ。どう見ても80キロ強。
わたしの体重はナイショのショ。エヘヘ。
KONAさんがお兄さんと一日も早く再会出来るように、たいしたことは出来ないけど、がんばるから、ブログで流したいことなどがあったりしたら、遠慮なくコメントに書き込んでね。国民大集会のキャッチフレーズも、「今年中に拉致被害者全員救出を!」てなってるし、絶対に取りかえそ。

投稿: 麗 | 2006年5月 8日 (月) 21時00分

 こんにちは、麗さん。

 先日は、わけの分からない人に、酷い事を書かれていましたね。昨日見たら、あの中傷したブログは既に消えていましたが・・・。

 それはともかく、「蓮池薫さんはもっと真実を語るべし」(文芸春秋・諸君6月号)の記事は参考になりましたよ。(「書き写し」ご苦労様。)

 帰国者五人とそのご家族(蓮池透さんを含む)は、いまだ金正日の影に怯えているような印象を受けますね。蓮池透さんが「経済制裁見直し論」を唱えたのもその流れのような気がしますよ。

 以前拉致された人たちにしてみれば、日本の警察を全面的に信頼する事は出来ないのかもしれないなとふと思いました。

投稿: 上田真司 | 2006年5月 9日 (火) 03時33分

上田さん来てくれて、スッゴク嬉しい。もう来てくれないのじゃないかと思ってたんだ。良かった。
わけの分からない人のことを思い出すと、今でもゾッとするよ。だから、考えないようにしてるんだ。前向きにいかなくてはね。これから少しずつだけどトラックバックも広げていくからね。

帰国した5人が語らないのは、自分や家族の身に危害が及ぶかもしれないという不安と、北朝鮮に拉致されている人たちの身を心配してるからだと思う。でも、北で出会った被害者のことは、ご家族にだけでも知らせてあげてほしいな。無事でいるって聞いたら、どんなに喜ぶか。

荒木さんの丸写しみたいな投稿なのに、参考になるなんて、以前のブログでも書いたけど、ブタもおだてりゃで、木登り上手になったよ。でもサルブタとは呼ばないでね。


投稿: 麗 | 2006年5月 9日 (火) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95636/1704916

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮池薫さんはもっと事実を語るべし:

» 支援者の要件 [Dogma_and_prejudice]
 某掲示板の管理人である沢村圭一郎さんの発言です↓。私も、沢村さんの意見に賛同します。 草の根の支援者の役目1 投稿者:管理人 沢村圭一郎 投稿日: 5月 6日(土)11時47分6秒    編集済 (1)大衆運動の原則  現在の無いよりはましの「北朝鮮人権法案」ではなく、昨年中川秀直センセによって、廃案にされた「北朝鮮人権法案」が出てきた頃のことですが、この掲示板で、一度か二度、話し合った事のある民族主義... [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 02時04分

« 引っ越してきました | トップページ | 増元照明さんはここと思えば又あちら »